ここから本文

お知らせ (更新日 12月1日)

最新のお知らせ一覧は以下の通りです

センターからのお知らせ

イベント開催情報


デイジー図書ダウンロードサービス おすすめセットのお知らせ

 当センターでは、サピエ図書館にコンテンツのあるデイジー図書のダウンロードサービスを行なっております。SDカード・CFカードをご自身で用意していただき、お好きな図書・雑誌を当センターでダウンロードしてお渡しいたします。
 今回は、おすすめセット第11弾として、期間限定で以下の5つのセットをご用意いたしました。

セット内容
① 時代小説15
② 推理小説15
③ シネマ・デイジー15
④ センター男性職員おすすめ図書15
⑤ センター女性職員おすすめ図書15

 ①は、稲葉稔、岡本さとるなどテレビドラマの脚本家の経験もある作家や、沖田正午、宮部みゆき、和久田正明など人気作家の時代小説で、いままでサピエベスト30に入らなかったものを15作品ご紹介します。
 ②は、海堂尊、知念実希人、南杏子など、お医者さんでもある小説家の医療ミステリーや、井上ねこ、石川智健などフレッシュな作家の推理小説で、いままでサピエベスト30に入らなかったものを15作品ご紹介します。
 ③のシネマ・デイジーは実話に基づいた映画をご紹介します。事実は小説より奇なり。巨額の投資詐欺に手を染めた女性の半生、南アフリカで開催されたラグビーワールドカップを巡る実話、脱走不可能と言われていたドイツの第三空軍捕虜収容所から集団で脱走した男たちなど、驚きの実話映画をご堪能ください。
 ④と⑤はセンター職員おすすめの図書の第2弾をお届けいたします。普段は貸し出し担当の職員が図書をおすすめすることが多いのですが、このセットは貸し出し担当以外の職員からのおすすめ作品です。訓練担当や総務・会計担当など、貸し出し担当以外の職員はどんな図書をおすすめするのでしょうか?④は主にセンター男性職員からのおすすめ図書を集めたもの。⑤は女性職員からのおすすめです。もしかしたら日本点字図書館からの飛び入りおすすめ作品もあるかもしれません。色々な視点からの「面白い」をつめこんだセットをお楽しみください。

 ご希望のかたは、お手持ちのカードを添えて当センター貸し出し担当までお申し込みください。それぞれのセットの内容につきましては、タイトルリストを配布しておりますので、ご希望のかたは併せてお申し込みください。ホームページからもご確認いただけます。
 SDカード・CFカードについては、当センターの用具販売で取り扱っておりますので、お気軽にご購入いただくことができます。その際は、入金確認後、ご希望のデイジー図書がすでにダウンロードされた状態でカードを送付させていただきます。

申込期間
2022年12月1日(木曜日)から2023年2月28日(火曜日)まで。

 このサービスなら、返却期限を気にすることなく読書をお楽しみいただけます。どうぞご利用ください。

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 貸し出し担当 藤本・庄司まで。

年末年始の休館と図書の貸し出しについて

 12月29日(木曜日)から1月3日(火曜日)は休館となります。
 年内の図書の貸し出しの希望については、12月28日(水曜日)まで対応いたします。当センターの所蔵で在庫のある図書、サピエ図書館にデータのコンテンツがある図書については年内に発送します。
 なお、他館所蔵のものは取り寄せとなりますので、発送が年明け以降になる場合があります。年末は郵便局が混雑し、到着までに時間がかかる傾向があります。どうぞお早めにリクエストをくださいますよう、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 貸し出し担当まで

センター長からひとこと 地域につながる

 12月になりました。「早いもので、もう12月…」、この時期になると、毎年耳にすることばですよね。人は年を取るごとに一年が速く感じられるそうです。19世紀のフランスの哲学者、「ポール・ジャネ」によれば、人生のある時期に感じる時間の長さは年齢の逆数に比例するそうです。ということは60才の人は、20才の人に比べると3倍速く感じることになります。そんな年齢を重ねた人が人生の時間をより長く感じる秘訣は、小さなことでいいので、何かに興味をもったり、行動を起こしたりすることだそうです。これまで知りたい、やりたいと思っていて諦めていたことは、ありませんか。そんなとき身近に支援者がいると心強いですよね。以前、こんなことがありました。センターでパソコンを習っていたかたが、訓練を卒業して自宅でパソコンを操作している時にわからない場面が出てきました。対面で教えてほしかったのですが、パソコンを持ってセンターに行くのもちょっと大変ですので、そのままにしているうちに、だんだんパソコンから遠ざかってしまいました。そんな時、地域でパソコンボランティアグループがあることを知り、そこで教えてもらうことができるようになりました。そして、パソコンを再び使用しはじめ、更に、一緒に学ぶ仲間もできたそうです。継続するには身近なサポート、同じ目的を持つ仲間がいると心強いですよね。この話を聞き、地域のボランティアグループの重要さを痛感すると共に、センターとしても今後、これらのグループとの連携を進めていく必要性を感じました。

 では、川崎市内には、どのようなボランティアグループがあるのでしょうか。川崎市には「オブリガード」という視覚障害者のために活動するボランティアグループの連絡会が組織されています。そこには、録音グループが5つ、点訳グループが6つ、ICTサポートグループが4つ、拡大写本グループが2つ、デイジー図書の編集グループが1つ所属しており、各区でそれぞれの地域に根差した活動をしています。

 実際にどのような活動をしているのでしょうか、ホームページで調べてみました。

●点訳グループ

 個人から依頼された資料の点訳、自主的に選書した図書の点訳とその貸し出し、それ以外に小中学校での点字指導、視覚障害者との交流などを行なっています。また、楽譜を点訳しているグループもあります。

●録音グループ

 地域の情報誌、自主的に選書した図書の音声化のほか、グループ独自の音声雑誌の製作、希望の本、新聞、パンフレット、取扱説明書などの対面朗読、視覚障害者との交流などを行なっています。

●ICTサポートグループ

 パソコン、スマートフォンを音声読み上げ機能を利用して操作ができるように支援を行なっています。文書やメールを書く、Webサイトにアクセスするなど、機器の操作をサポートボランティアと一緒に勉強します。センターで訓練を受けたかたで、継続的に学習するために参加したいというかたもOKです。

●拡大写本グループ

 希望の資料を、手書き、或いはパソコンで文字を読みやすい大きさにしてくれます。

●デイジー図書編集グループ

 録音した音源をデイジー図書として提供するために、当センターの委託を受けて編集活動を行なっています。

 いかがでしょうか。どのグループもとても熱心に活動しています。そして、視覚障害者の皆さまが利用されるのを待っています。皆さまはご自分の地域で活動しているグループについて、もっと詳しく知りたくありませんか。この「ぶっくがいど」では、これから数回にわたりオブリガード紹介コ―ナーを設け、各グループに寄稿してもらうことにしました。その中で、もし興味のあるグループがあればセンターまでお問い合わせください。そのグループの連絡先をお伝えします。

 これらのボランティアグループとつながる事は、地域とのつながりを持つ良い機会になります。新たな人との出会いによって、新たな扉が開かれれば、興味をもつことも増えてきます。一日をより長く感じる、充実した時間を過ごすことができるかもしれません。

 さて、皆さまにとって今年はどんな年だったでしょうか。来年も皆さまにとって、新たな発見や体験が多い時となることを願っております。そのためにも、もっとセンターやボランティアグループをご利用いただきたいと思います。それでは、良い年をお迎えください。

センター長 杉山 雅章 (すぎやま まさあき)


音声版「アイeye」創刊のご案内

 センターで発行しているメールマガジン「アイeye」(月2回発行)が読者にとても好評です。メールマガジンとは、パソコンやスマートフォン、携帯電話にインターネットを通して送信するメールの広報誌です。このメールマガジンをメールが受信できないかたにもお読みいただきたいと思い、音声版「アイeye」を創刊いたしました。メールマガジン2か月4号分を再編集し、奇数月にCDで貸し出す新たな音声雑誌です。メールマガジンならではの、タイムリーな情報、職員の素顔を垣間見ることのできるコラム、図書や用具の紹介、訓練のエピソードなどが気軽に楽しめる30分から40分ほどの音声雑誌です。ご希望のかたは、センターまでお申し込みください。なお音声は合成音声で製作しています。


2022年度音声解説付きDVD映画の体験上映会プログラム

 音声解説付きDVD映画の体験上映会、2022年度上映作品を紹介したプログラムを配布しています!
 センターでは、毎月「音声解説付きDVD映画の体験上映会」を開催しています。多くの来場者に恵まれ、今ではセンターを代表する人気イベントとして定着しました。さらに、昨年はサウンドシステムを一新。スピーカーを増設したことで、音質が大幅に向上し、より迫力ある音質で映画を楽しむことができるようになりました。
 大型スクリーンに良質なサウンドとくれば、最高の映画を楽しみたいものです。お任せください!2022年度も皆様からのリクエストを交えた12作品を選出、また映画との出会いを楽しむことができるよう、作品情報をまとめたプログラムを制作しました。拡大文字版・点字版・音声デイジー版・テキストデ―タ版・PDF版をご用意しましたので、ご希望のデータをダウンロードしご活用ください。

 なお、このイベントはコロナウイルス感染予防のため、同じ映画を2日間上映し、密にならないように配慮しています。定員は各日20名で、申込者多数の場合は抽選になります。申し込み締め切りは、上映日の2週間前です。感染状況によっては、定員の増減および中止になる場合があります。詳しくは、イベント担当までお問い合わせください。

ダウンロード
(1) 拡大文字版(PDF/1.14MB)
(2) テキストデータ(txt/13.9KB)
(3) 点字版(BES/7.29KB)
(4) 音声デイジー版(DAISY2.02/7.40MB)

※(3)と(4)はZIP形式で圧縮されていますので、解凍ソフトで解凍してからご利用ください。

アイeyeシネマ館のイメージ写真(サングラスを掛けた少女がスクリーンを眺めている画像)

愛称を「川崎アイeyeセンター」に変更しました

 当センターの愛称 「アイeyeセンター」 を2018年4月より 「川崎アイeyeセンター」 といたしました。 “川崎”をつけることにより、サービスの対象地域を明確にし、川崎市民の視覚障害者に身近な施設として感じていただくためです。
 新たな愛称と共に、より多くの方にご利用いただけるよう努力して参ります。今後とも、どうぞよろしくお願いします。


2月24日(金曜日)・2月25日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、あらかじめ昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  • ① 同一映画を日にちを変えて2回上映します。
  • ② 各日定員20名の予約制です。(感染状況により定員変更の場合あり。)
    定員を超えた場合は抽選となりますので、2月10日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  • ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  • ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『マンマ・ミーア!』
2月24日(金曜日)・2月25日(土曜日)
いずれも午後1時30分より開催

1時間49分 イギリス・ドイツ・アメリカ
監督 フィリダ・ロイド
出演 アマンダ・セイフライド、メリル・ストリープ ほか

2009年公開。「Mamma Mia」や「Dancing Queen」など、ABBAのヒット・ナンバーで構成される人気ミュージカルを、イギリス・ドイツ・アメリカが共同で映画化。興行収入で「シカゴ」「グリース」などを抜き、ミュージカル映画史上、世界No.1ヒットを記録した。エーゲ海に浮かぶ美しいリゾート地、カロカイリ島。ホテルを経営する母ドンと、娘のソフィの結婚式前日から当日までを描いた物語。母親から深い愛情を一身に受けながらも、父親を知らずに育ったソフィは、結婚式で「父親とヴァージンロードを歩くこと」を願っていた。結婚式を控えたソフィは、ドナの日記を読み、父親の可能性のある母の元恋人サム・ビル・ハリーを内緒で招待してしまう。困惑するドナ。果たしてソフィの父親は誰なのか?どんなことがあっても、笑っていよう。自分の人生がもっと好きになる―美しい景色の中で紡がれるロマンティック・コメディ。

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センターまで。

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


2月18日(土曜日)
かわさき冬のコンサート「リトルクラシック in Kawasaki」(予約制)のご案内

 多くのみなさまから、クラシック、ポピュラーミュージックを聴きたいというご要望をいただきました。そこで、今回は、「リトルクラシック in Kawasaki」というミニオーケストラに出演をお願いしました。川崎市内を中心に活動している楽団で、小学校、美術館、公共スペースなど地域の様々な場所で演奏活動をしており、その活動から川崎市文化賞「アゼリア輝賞」受賞しています。センターの演奏会のために、ピアノ・サクソフォン・ヴィオラ・フルート・打楽器という特別な編成を組んでいただきました。クラシックの名曲から、ポピュラーミュージック、日本の唱歌など幅広いレパートリーをお楽しみいただきます。
 主な演奏曲目は、ユーモレスク、白鳥、愛の挨拶、パッヘルベル・カノン、アルルの女より「メヌエット」、ヴィヴァルディ・四季、アメージング・グレース、リベルタンゴ、早春賦、春の小川、花は咲くなど。(曲目は一部変更の可能性があります。)
 じっくり聴く曲あり、参加する曲ありの皆さまに楽しんでいただける演奏会です。土曜の午後のひと時を、素敵な音楽とともにお過ごしください。

日時
2023年2月18日(土曜日)午後1時30分から3時30分(午後1時開場)
会場
ふれあいプラザかわさき 2階 ホール
参加費
無料
定員
70名。予約制・全席指定。
お申し込み・お問い合わせ
2023年2月3日(金曜日)午後5時までに、電話またはメールで川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。定員を超えた場合は抽選となります。

※全席指定ですので、早めに来て並ぶ必要はありません。午後1時の開場後にお越しください。なお、新型コロナウイルス感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、予めご昼食を済ませてからご来場ください。また、会場内ではマスクの着用をお願いいたします。


2月4日(土曜日)
体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」(予約制)のご案内

 2022年度からの新企画。ジャズの曲を通して、体験しながら音楽を学ぶ講座です。講師はなんと、かわさきジャズにも出演しているプロのピアニスト福本純也氏。コンセプトは「ジャズの歴史や、曲がどうやってできているかを学んでいき、音楽の新しい楽しみ方を発見しましょう。」というもの。座学だけでなく、実際に打楽器を使ったリズムセッションの体験など、音楽のさらなる面白さを感じていただきます。もちろん、音楽未経験者でも大丈夫ですよ。
 この講座は偶数月の第一土曜日に開催。今回で5回目(最終回)です。

第5回講座の内容

テーマ:ジャズの生演奏を楽しもう!
ジャズはライブが一番!今回は特別ゲストの登場です。ピアノとギターのDuoによる白熱のアドリブを楽しみましょう。さらにジャズ講座の総まとめとして、手拍子や、小物打楽器で演奏に参加しながら、皆で音楽を作る楽しさを体験しましょう!
参考音源:「スペイン」(チック・コリア 作曲)
日時
2023年2月4日(土曜日) 午後1時30分から3時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
30名。(定員を超えた場合は抽選。コロナ感染状況により定員変更の場合あり。)
お申し込み・お問い合わせ
2023年1月21日(土曜日)午後5時までに、電話またはメールで川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。

※体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


1月27日(金曜日)・1月28日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、あらかじめ昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  • ① 同一映画を日にちを変えて2回上映します。
  • ② 各日定員20名の予約制です。(感染状況により定員変更の場合あり。)
    定員を超えた場合は抽選となりますので、1月13日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  • ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  • ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『新幹線大爆破』
1月27日(金曜日)・1月28日(土曜日)
いずれも午後1時30分より開催

2時間32分 日本
監督 佐藤 純弥
出演 高倉 健、千葉 真一、宇津井 健、田中 邦衛、丹波 哲郎(特別出演) ほか

1975年公開。乗客を乗せ、定刻通りに東京駅を発ったひかり109号。しかし、列車が相模原付近にさしかかった頃、国鉄本社公安部に1本の電話が入る。「新幹線に爆弾を仕掛けた。時速80km以下になると自動的に爆発する。」犯人グループの要求額は500万ドル。ひかり号が爆破されれば乗客1500人の生命はおろか、沿線周辺を巻き込んだ大惨事を起こしてしまう。止まることができないひかり号は、東京―博多間1176.5kmを疾走する。爆弾はどこに仕掛けられたのか?その解除方法とは?極限状態の中展開される犯人グループと捜査当局との駆け引きなどサスペンスの要素をたっぷり含みつつ、国鉄職員や乗客の人間模様もしっかり描くなど、パニック映画の枠にとどまらない演出が、日本はもちろん海外でも高く評価された。ヤン・デ・ボン監督のハリウッド映画「スピード」の原点になったことでも有名な作品。

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センターまで。

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


1月21日(土曜日)
ヨガ教室(予約制) 対面クラス・オンラインクラスのご案内

 ヨガ初心者のかたでも無理なくできるヨガ教室です。
 会場で直接レッスンを受ける対面クラスと、パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅でレッスンを受けるオンラインクラスの二つを開催いたします。新型コロナウイルスの感染状況により対面クラスは中止の可能性がありますが、オンラインクラスは感染状況に関わらず実施いたします。
 なお、対面クラスに同行のご家族様・ガイドヘルパー様には別室でお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。

対面クラスの対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
オンラインクラスの対象者(以下の①から③のすべてに該当するかた)
① 全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
② 川崎市在住・在勤・在学のかた。
③ ご自宅でZoomアプリを使用できるかた。

※ヨガ教室参加経験のないかた、Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

開催日
2023年1月21日(土曜日)
開催時間
午前の部 午前10時から11時30分
午後の部 午後1時30分から3時(オンラインクラス同時開催)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
対面クラス:各回8名。予約制。
オンラインクラス:10名。予約制。
ご用意いただくもの
・動きやすい服装。靴下着用のかたは、滑り止めのついた五本指靴下。
・汗ふきタオル。
・水分補給用の水など。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※ヨガ教室(対面クラス)は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


1月13日(金曜日)
「小説の中の音を楽しむ会」を開催します

 2016年に本屋大賞を受賞した、宮下 奈都(みやした なつ)著『羊と鋼の森(ひつじとはがねのもり)』をテーマに、「小説の中の音を楽しむ会」を開催します。
 『羊と鋼の森』は、偶然目にしたピアノの調律に魅せられて、調律師を目指す青年の物語です。この小説には、ピアノを演奏するシーンがたくさんでてきます。その場面ではどんな曲が演奏されたんだろうということを想像しながら小説の世界を楽しんでみたいと思います。まずは小説版をデイジー音源で聴き、そのシーンに出てくるピアノ曲を、辻井伸行氏などの演奏による音楽CDで聴いてみます。言葉で紡がれる青年の物語と、それを彩るピアノの音を体感しつつ、小説の世界をもっと楽しんでみましょう。読了しているかどうかは問いません。

作品
『羊と鋼の森(ひつじとはがねのもり)』
内容
ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。ピアノの調律に魅せられた一人の青年が、調律師として、人として成長する姿を、温かく静謐な筆致で綴る。2016年本屋大賞受賞。第154回(2016年1月)直木賞候補作。点字4巻、デイジー1枚(6時間42分)。
著者
宮下 奈都(みやした なつ)
1967年、福井県福井市生まれ。上智大学文学部哲学科卒業。2004年、「静かな雨」が第98回文學界新人賞佳作に入選し、小説家デビュー。2013年より1年間、北海道新得町に家族5人で山村留学を経験。
日時
2023年1月13日(金曜日)午後1時30分から3時30分
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加方法(①または②のどちらかお選びください)
① 会場に直接お越しいただく直接参加
② パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅から参加するオンライン参加
定員
直接参加30名、オンライン参加10名。予約制。
参加費
無料
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 庄司まで。
その他
オンライン参加は、視覚障害がある川崎市在勤・在学・在住のかたで、ご自宅でZoomアプリを使用できるかたが対象です。Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますのでご相談ください。オンライン参加では、マイクをオフにしていただき、視聴のみとなります。
どなたでも楽しんでいただける催しですので、視覚障害当事者のかただけでなく、ボランティア・ガイドヘルパー・点訳者・音訳者・ご家族のかたもお気軽にご参加ください。直接参加は川崎市外のかたも歓迎します。皆さまのご参加をお待ちしています。

1月7日(土曜日)
れきおんクラブ(予約制)開催のお知らせ

 国立国会図書館が配信している「歴史的音源」は、1900年代初めから1950年頃までにSP盤や金属盤に収録された貴重な音源をデジタル化して一般に公開している音源です。当センターでは奇数月に、この歴史的音源を楽しむ会「れきおんクラブ」を開催しています。
 1月にご紹介するのは「股旅ものがたり 勢ぞろい親分衆」です。
 浪曲、講談、歌謡曲で語り継がれる大親分や渡世人。清水次郎長、国定忠治らの活躍や、涙を誘う長谷川伸の股旅もの、そして庶民の英雄たちは今も愛されています。広沢虎造『清水次郎長伝』、東海林太郎『名月赤城山』、田端義夫『大利根月夜』など、日本人の心に残るアウトサイダーたちの世界を、数々の貴重な音源で巡ってみましょう。

日時
2023年1月7日(土曜日)午後2時から4時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
20名。予約制。(新型コロナウイルス感染状況により、定員変更の場合あり)
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※れきおんクラブは、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


12月23日(金曜日)・12月24日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会(予約制)開催のお知らせ

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。
 なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、次の①から④の取り組みを行ないます。また、感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、あらかじめ昼食を済ませてからご来場をお願いいたします。

  • ① 同一映画を日にちを変えて2回上映します。
  • ② 各日定員20名の予約制です。(感染状況により定員変更の場合あり。)
    定員を超えた場合は抽選となりますので、12月9日(金曜日)午後5時までにお申し込みください。
  • ③ 座席は間隔をあけて用意します。
  • ④ 換気のために窓やドアを開けて上映します。

※参加される皆さまはマスク着用のうえ、ご来場をお願いいたします。

作品『ノマドランド』
12月23日(金曜日)・12月24日(土曜日)
いずれも午後1時30分より開催

1時間48分 アメリカ
監督・脚本 クロエ・ジャオ
出演 フランシス・マクドーマンド、デヴィッド・ストラザーン ほか

2021年公開。第93回アカデミー賞受賞作品。車上生活を送る60代の女性ファーンの旅を通して、現代を生き抜く希望を灯す壮大なロードムービー。2011年のアメリカ、ネバダ州。経営破綻した石膏採掘所の閉鎖とともに、企業城下町であったエンパイアの住民たちは立ち退きを強いられ、町の郵便番号も抹消されてしまう。住み慣れた家を失ったファーンは、愛車に亡き夫との思い出を積み込み、現代の「ノマド(遊牧民)」として広大なアメリカの地をさすらう。過酷な季節労働の現場を渡り歩きながら、その日その日を懸命に生き抜くファーン。行く先々で出会う人々との交流や別れを重ねながら、自身の半生を見つめ直していく。アメリカの大自然の中で、何にも縛られず自由に生きるノマドの姿を、実在のノマドたちの声も織り交ぜることで、ドキュメンタリーとフィクションを巧みに融合させた、クロエ・ジャオ監督の意欲作。

お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センターまで。

※音声解説付きDVD映画の体験上映会は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


12月17日(土曜日)
ヨガ教室(予約制) 対面クラス・オンラインクラスのご案内

 ヨガ初心者のかたでも無理なくできるヨガ教室です。
 会場で直接レッスンを受ける対面クラスと、パソコンやスマートフォンなどを使ってご自宅でレッスンを受けるオンラインクラスの二つを開催いたします。新型コロナウイルスの感染状況により対面クラスは中止の可能性がありますが、オンラインクラスは感染状況に関わらず実施いたします。
 なお、対面クラスに同行のご家族様・ガイドヘルパー様には別室でお待ちいただく場合がありますので、予めご了承ください。

対面クラスの対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
オンラインクラスの対象者(以下の①から③のすべてに該当するかた)
① 全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。(障害者手帳の有無は不問です。)
② 川崎市在住・在勤・在学のかた。
③ ご自宅でZoomアプリを使用できるかた。

※ヨガ教室参加経験のないかた、Zoomアプリの操作に慣れていないかたには、事前に直接指導いたしますので、ご遠慮なくご相談ください。

開催日
2022年12月17日(土曜日)
開催時間
午前の部 午前10時から11時30分
午後の部 午後1時30分から3時(オンラインクラス同時開催)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
対面クラス:各回8名。予約制。
オンラインクラス:10名。予約制。
ご用意いただくもの
・動きやすい服装。靴下着用のかたは、滑り止めのついた五本指靴下。
・汗ふきタオル。
・水分補給用の水など。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで

※ヨガ教室(対面クラス)は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


12月10日(土曜日)
古今亭菊太楼 落語会(予約制)開催のご案内

古今亭菊太楼 写真

 年末恒例のお楽しみ演芸会。今年は古今亭菊太楼師匠の落語をお聴きいただきます。菊太楼師匠には2019年にもご出演いただき、大変好評でした。その後、2020年には当センターの新刊図書案内「ぶっくがいど」へ落語音源の提供をいただくなど、当センターにはすっかりおなじみの師匠、満を持して3年ぶりのご出演です。菊太楼師匠の話芸をぜひ、皆さまにお聴きいただきたいと思います。
 なお、当日は、席と席の間を空けて座席を配置し、定員70名で全席指定といたします。11月19日(土曜日)午後5時までにセンターにお申し込みください。応募者多数の場合は、抽選とさせていただき、当選者にはセンターからチケットをお送りいたします。また、落選した場合でもご連絡を差し上げます。沢山の皆さまの応募をお待ちしています。

日時
2022年12月10日(土曜日) 午後1時30分から3時30分(12時30分開場)
会場
ふれあいプラザかわさき 2階 ホール
参加費
無料
定員
70名。予約制・全席指定。
お申し込み・お問い合わせ
2022年11月19日(土曜日)午後5時までに、電話またはメールで川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。

※新型コロナウイルス感染状況により、定員を変更する場合があります。
※定員を超えた場合は抽選となります。
※全席指定ですので、早めに来て並ぶ必要はありません。12時30分の開場後にお越しください。
※新型コロナウイルス感染予防のため、センター内で食事をとることはできませんので、予めご昼食を済ませてからご来場ください。
※会場内ではマスクの着用をお願いいたします。


12月3日(土曜日)
体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」(予約制)のご案内

 今年度からの新企画。ジャズの曲を通して、体験しながら音楽を学ぶ講座です。講師はなんと、かわさきジャズにも出演しているプロのピアニスト福本純也氏。コンセプトは「ジャズの歴史や、曲がどうやってできているかを学んでいき、音楽の新しい楽しみ方を発見しましょう。」というもの。座学だけでなく、実際に打楽器を使ったリズムセッションの体験など、音楽のさらなる面白さを感じていただきます。もちろん、音楽未経験者でも大丈夫ですよ。
 この講座は偶数月の第一土曜日に開催。今回で4回目です。

第4回講座の内容

テーマ:ジャズプレイヤーはなぜ即興演奏ができるの?
ジャズの最大の魅力は、プレイヤーが自由に演奏するソロセクションの即興演奏。彼らはどうやって譜面に書いていないメロディーを自由に演奏しているのでしょうか?まずは、即興演奏についてひもといていきましょう。そして、学校では教えてくれない音楽の基礎知識(和音の並べ方や、メロディの作り方)を学んで、音楽を作り出すという体験をしてみましょう。
参考音源:「So Tender/ソー・テンダー」キース・ジャレット(作曲)
日時
2022年12月3日(土曜日) 午後1時30分から3時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室
参加費
無料
定員
30名。(定員を超えた場合は抽選。コロナ感染状況により定員変更の場合あり。)
お申し込み・お問い合わせ
2022年11月19日(土曜日)午後5時までに、電話またはメールで川崎市視覚障害者情報文化センターのイベント担当までお申し込みください。

※体験型音楽講座「ジャズの楽しみ方」は、新型コロナウイルス感染拡大状況によっては直前で中止・延期になる場合があります。予めご了承ください。


先月までの主なお知らせ


トップページへ戻る


ここまで本文
文字の大きさ