ここから本文

お知らせ(更新日:2月26日)


最新のお知らせ一覧は以下の通りです

新型コロナウイルスに関して、厚生労働省からの情報と川崎市など神奈川県内のホームページからの情報をもとにお知らせします

1. 新型コロナウイルス感染症とは

 ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。飛沫感染とは、くしゃみ、咳などからの感染接触感染とは、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた手で周りの物に触れ、他のかたがそれを触ることでの感染です。

2. 日常生活で気を付けること

 まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

3. 新型コロナウイルスの症状と対応

@ 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
  (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
A 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※高齢者や基礎疾患等のある方は、@ A の状態が2日程度続く場合

 上記の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。

4. 川崎市と横浜市のお問合せ先

 お問い合わせ先は2種類あります。上記の症状が出ているかた向けの「帰国者・接触者相談センター」と、症状は出ていないけれどご自身の体調に不安な方や新型コロナウイルス全般に関する「一般的な問い合わせのコールセンター」です。お問い合わせの際には体調や疑問点に合わせて該当のお問合せ先までご連絡ください。


「帰国者・接触者相談センター」

川崎市川崎区
電話番号 044-201-3189
川崎市幸区
電話番号 044-556-6715
川崎市中原区
電話番号 044-744-3104
川崎市高津区
電話番号 044-861-3341
川崎市宮前区
電話番号 044-856-3217
川崎市多摩区
電話番号 044-935-3217
川崎市麻生区
電話番号 044-965-5218
横浜市
電話番号 045-664-7761

「一般的な問い合わせのコールセンター」

川崎市新型コロナウイルス感染症コールセンター
電話番号 044-200-0730
受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)
横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター
電話番号 045-550-5530
受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)
神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル
電話番号 045-285-0536
受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)
厚生労働省相談窓口
電話番号 0120-565653(フリ―ダイヤル)
受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)
聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方
FAX 03-3595-2756

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、3月中の訓練・相談、イベントを中止します

 2月25日に政府は、感染拡大防止を最優先し、広く外出自粛への協力を求め、イベント等については開催の必要性を改めて検討するように呼びかけています。当センターもこの方針に従い3月開催の、以下のイベントおよび訓練・相談対応を中止させていただきます。

3月7日(土曜日)
れきおんクラブ「古関裕而 青空を見上げた男」
3月21日(土曜日)
ヨガ教室
3月25日(水曜日)
ファンケルメイクアップセミナー
3月27日(金曜日)
音声解説付きDVD映画体験上映会リクエスト大会「ローマの休日」
3月28日(土曜日)
音声解説付きDVD映画体験上映会「時をかける少女(原田知世版)」

 なお、すでにご予約を受けている訓練・相談については、担当から直接皆様にご連絡を差し上げます。4月については、状況をみて判断したいと思います。
 また、用具の販売は営業しておりますが、白杖の修理等、緊急性のあるもの以外はなるべく来所を避け、わくわく用具ショップ( 電話 03-3209-0751 )の通信販売をご利用くださいますようお願いいたします。
 皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター イベント担当・訓練担当まで

3月28日(土曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会開催のお知らせ

※中止になりました

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を毎月開催しております。(音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。)
 3月の上映日程をお知らせいたします。参加費は無料、予約の必要もありません。
 会場は当センター多目的室Aです。みなさまのご来場をお待ちしています。

作品『時をかける少女(原田 知世 版)』
 3月28日(土曜日)午後1時30分より

1時間44分 日本
監督 大林 宣彦
脚本 剣持 亘
音楽 松任谷 正隆
出演 原田 知世、高柳 良一、尾美 としのり、岸辺 一徳 ほか

1983年公開。中学3年生の少女芳山和子は、仲のよい幼なじみの一夫と吾郎と一緒に理科室を掃除中、不思議な薬品の匂いをかいで意識不明となる。その後、和子は同じ1日を繰り返す不思議な体験をするようになる。特殊な体質になった自分が不安な和子に一夫は、それはタイムリープという特殊能力だという。困惑する和子は一夫と吾郎に関する記憶が曖昧なことにも気がつく。自分に何が起こっているのか知りたい、という和子に一夫は重大な秘密を打ち明ける。映像の魔術師、大林宣彦監督が筒井康隆の名作ジュニア小説を映画化したヒット作。監督の出身地、尾道の町並みを舞台にした「尾道三部作」の一つ。


3月27日(金曜日)
音声解説付きDVD映画の体験上映会平日特別開催のお知らせ

※中止になりました

 当センターでは、音声解説付きDVD映画の体験上映会を、毎月1回、土曜日に開催しています。しかし、土曜日にお仕事や他のイベントと重なることもあるので、平日に開催してほしいというご意見がありました。そこで、特別イベントとして3月の平日に体験上映会を行なうことにしました。上映作品は、いつも上映会に来てくださるかたにアンケートを行ない、リバイバル上映を望む声が多かった以下の作品です。

3月27日(金曜日)午後1時30分から3時40分
作品『ローマの休日』

 参加費は無料、予約の必要もありません。会場は当センター多目的室です。皆さまのご来場をお待ちしております。


3月25日(水曜日)
見えない見えにくいかたのためのメイクアップセミナーのご案内

※中止になりました

大切なお知らせ

 ファンケル社から「新型コロナウイルスが感染拡大している状況を鑑み、受講される皆様の健康を第一に考え、3月のセミナーは中止させていただきたい。」というお話がありました。
 誠に残念ですが、今回のメイクアップセミナーは中止にさせていただきます。
 ファンケル社のセミナーの再開が決まりましたら、再度企画いたしますので、それまでしばらくお待ちいただきたいと思います。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


 普段お出掛けする時に、メイクはどのようにされていますか?お化粧することは好きですか?
 今回、ご自身でメイクを楽しんでいただくためにファンケル社の講師をお招きし、ファンケル社の化粧品を使って、スキンケア、ベースメイク、ポイントメイクまでをワンステップずつ丁寧に説明しながらフルメイクをおこなうセミナーを開催します。

日時
2020年3月25日(水曜日)午後2時から4時(受付開始1時30分)
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室A
対象
見えない、見えにくさを感じている女性
参加費
無料
定員
10名、予約制。先着順で受付、定員になり次第締め切らせていただきます。
ガイドさん同行のかたはその旨お知らせください。講座中、メイク道具の位置を知らせたり、補助的なお手伝いをしていただきたいと思います。
持ち物・服装など
・髪留めもしくはヘアーターバン
・長めのフェイスタオル(服が汚れないようケープ代わりに肩にかけます)
・卓上鏡(文庫本サイズ以上の大きさ) ※必要なかたのみ
確認事項
・メイクを落とす用品の準備と時間は、セミナーには含まれておりません。メイクの拭き取りから始めますので、当日はノーメイクまたは、薄くファンデーションをのせるか、日焼け止めクリーム程度でお越しください。
・皮膚疾患のあるかた、化粧品アレルギー体質のかたなど、ファンケル社が安全性に心配があると判断した際には受講をご遠慮いただく場合がありますことをあらかじめご了承ください。
・セミナー中、写真を撮影させていただきます。ファンケル社内ホームページや社内資料、当センターの内部資料に掲載させていただくので、配慮が必要なかたはお申し出ください。
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 澤村まで

3月21日(土曜日)
チャレンジド・ヨガ〜視覚障害のかたのヨガ教室〜 in 川崎

※中止になりました

 ヨガは年齢に関係なく、初めてのかたでも安心して取り組める運動です。安全第一で無理をせず、ご自身のペースで進めていただけます。当日は、ヨガの動きをサポートする補助員が複数名おりますので、どなたでも安心してお楽しみいただけます。
 なお、参加希望のかたが増えてまいりましたので、ご家族様・ガイドヘルパー様には専用のマットをご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

対象者
全盲、ロービジョン(弱視)、見えにくいと感じているかた。
※障害者手帳の有無は不問です。
日時
2020年3月21日(土曜日)午後1時30分から3時
終了後、1時間程度の懇親会を予定しております。お茶とお菓子をご用意しますので、ぜひご参加ください。
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 3階 多目的室
参加費
無料
定員
25名。予約制。
持ち物・服装など
・動きやすい服装
※裸足に抵抗のあるかたは、滑り止めのついた五本指ソックスがお薦めです。
・汗ふきタオル
・水分補給用の水など
お申し込み・お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 金子まで。
予約制ですので、事前にお申し込みをお願いいたします。

3月9日(月曜日)から3月12日(木曜日)
サピエ停止による貸し出し等の一部休止のお知らせとお願い

 3月9日(月曜日)から3月12日(木曜日)まで、視覚障害者情報総合ネットワーク『サピエ』が、新しいシステムプログラムの導入を行なうため利用が停止となります。
 これに伴い大変申し訳ございませんが、当センターでも貸し出し等について、皆さまにご迷惑をお掛けすることとなります。今後の業務、サピエの安定稼動を維持するためにもご理解くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

サピエ停止期間
2020年3月9日(月曜日)から3月12日(木曜日)
停止期間中のサービスについて
  1. 図書の貸し出しについて
    当センターで製作・所蔵している図書は貸し出しできますが、他館で製作したデイジー図書・雑誌は貸し出しできませんので、サピエ再開後にお送りいたします。
  2. 所蔵調査について
    調べるツールが限定され、十分な調査ができないことがありますが、できる範囲で対応いたします。
  3. ダウンロードサービスについて
    停止期間中はサービス停止となります。SDカード・CFカードの受け付けもできませんので、サピエ再開までお待ち願います。

 利用者の皆さまには、ご不便、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


3月7日(土曜日)
れきおんクラブ開催のお知らせ

※中止になりました

 国立国会図書館に収蔵されている48000点以上のSPレコード音源。20世紀の初期から1960年代までの貴重な録音をデジタルデータとして公開されたものを「歴史的音源」(略して“れきおん”)と呼んでいます。
 この歴史的音源公開を記念して企画したのが、かわさき歴史的音源を楽しむ会「れきおんクラブ」です。
 3月に行なう第27回れきおんクラブは、「古関 裕而(こせき ゆうじ) 青空を見上げた男」(第一部 新緑編)をお届けいたします。激動の昭和を国民とともに生きた音楽の巨人・古関 裕而(こせき ゆうじ)。80年の人生を二回にわたって振り返ります。今なお愛され続ける数々の名曲をお楽しみください。

日時
2020年3月7日(土曜日)午後2時から4時
会場
川崎市視覚障害者情報文化センター 多目的室A
参加費
無料
予約
不要
お問い合わせ
川崎市視覚障害者情報文化センター 担当 鳥居・渡辺まで

春に備えて

 2020年を迎え初めての「ぶっくがいど」をお送りします。2月になり少し遅くなりましたが、新年のご挨拶をさせていただきます。

 明けましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしくお願いします。

 さて、2月は一年で寒さが最も厳しい季節。暦の上では、4日に立春を迎え、春が少しずつ近づいてきます。木々の芽は春にむけてふっくらとふくらみはじめ、草木・草花は来たるべき春に備え、人知れず準備をしています。当センターもより多くの皆さまをお迎えしたいと思い、今年度準備をしてまいりました。ここで簡単にご紹介したいと思います。

 まず、広報面では、センターのパンフレットをリニューアルし、イラストや写真を使い、事業をわかりやすく説明しました。当事者やご家族のかたに手にとってもらえるように、眼科医、障害者相談支援センターなど、様々な施設に置いていただけるようにしたいと思います。施設面でも、いくつかの改善をしました。

 センターの廊下に「歩導くん」という、屋内用の誘導マットを敷設しました。柔らかな素材の屋内用の誘導マットです。センターの受付から映画会、ヨガなどが行なわれる会場まで敷いてあります。誘導ブロックほど高さはありませんので、少し慣れていただく必要がありますが、皆さまを目的の部屋まで安全に導いてくれます。

 DVD映画体験上映会を行なう多目的室に天井設置型プロジェクターと120インチスクリーン、壁掛型スピーカー、ワイヤレスマイクを設置しました。この天井設置型プロジェクターのおかげで、これまでフロアーに置いていたスペースが不要になり、DVD映画体験上映会の席の配置に余裕ができました。また、多くのかたにご来場いただいた時にも、収容人員を7,8名増やすことができます。更に、ワイヤレスマイクの設置により、多目的室の用途をより広げることができます。

 皆さまの安全のために、各部屋の出入口、エレベータ入口、ロビーに面した階段の柱、トイレの入口の角など40数箇所に、長さ90センチほどのL字型のゴム製緩衝材をはりました。万が一ぶつかっても怪我の無いようにしました。

 イベントでは、人気のあるヨガ教室の定員を増やします。開催して3年目。毎回、多くのかたにご参加いただいています。定員一杯のためお断りすることもありましたので、もっと多くのかたが参加できるよう、来年度から初級クラスとレベルアップクラスの2クラスを用意いたします。これからやってみたいというかたに、ぜひご参加いただきたいと思います。また、レベルアップはどのような内容か試したいかたのために、レベルアップクラスの体験会を2月6日(木曜日)午後1時半から開催します。こちらも、ふるってご参加ください。

 災害時への準備も検討しています。昨年10月には台風19号が関東に上陸し、当センターの利用者にも、多摩川周辺の一部地域で被災されたかたがいらっしゃいました。今回の災害の被災状況を電話で調査させていただきましたが、その経験から、災害時に利用登録されている皆さまにより早く連絡をとる必要性を感じました。そこで、可能であれば、皆さまの携帯電話番号を教えていただきたいと思います。新年度からその旨ご案内をさせていただきますので、その節はご協力のほど、よろしくお願いします。

 今年度私どもが行なってきた活動のいくつかをご紹介させていただきました。川崎市内には、見えにくさを抱えながら、まだまだ当施設を知らないかたがたくさんいらっしゃいます。そのかたたちを、もっとお迎えできるように、引きつづき様々な面で努力してまいります。またすでにセンターをご利用の皆さまには、もっとセンターに来ていただける機会を増やすことができるよう、色々な企画を立てていきたいと思います。

 4月までは後2ヶ月ほど。暖かい春までもう少しです。次回お会いするときは、新年度になっています。来年度も、たくさんの皆さまとお会いできることを楽しみにして、事業に取り組んでまいります。

センター長 杉山 雅章(すぎやま まさあき)


愛称を「川崎アイeyeセンター」に変更しました

 当センターの愛称 「アイeyeセンター」 を2018年4月より 「川崎アイeyeセンター」 といたしました。 “川崎”をつけることにより、サービスの対象地域を明確にし、川崎市民の視覚障害者に身近な施設として感じていただくためです。
 新たな愛称と共に、より多くの方にご利用いただけるよう努力して参ります。今後とも、どうぞよろしくお願いします。


先月までの主なお知らせ


トップページへ戻る


ここまで本文
文字の大きさ